秋田弁護士会

秋田刑務所への人権救済申立事件(勧告)

2017年10月10日 公開
秋田刑務所への人権救済申立事件勧告書

①秋田刑務所が保護室収容の要件を充たしていないにもかかわらず、受刑者を保護室に収容したことは、法律の解釈を誤り、憲法が保障する人身の自由を侵害したものである。②また、当時の状況に照らして、受刑者の四肢を持ち上げたり、手錠を使用したりして保護室に連行したことは、法律の解釈を誤り、憲法が保障する人身の自由を侵害したものであるとして、今後同様の措置をとることがないように勧告した事案。
法律相談Web予約|秋田弁護士会
一人で悩まず、お気軽にご相談ください
018-896-5599
ご相談のお問い合わせ平日 9 : 00〜17 : 00
【本文の文字サイズ変更】

標準
特大
※設定は90日間有効です。
×